monaka-life’s blog

虚弱体質なママの、子育て波瀾万丈ブログです!

子供に痛み止めは有効か?

目次

次女小学6年生の時

学校から帰宅すると、膝が痛いと訴えてきました。

何して痛くなったのか聞くと、何にもしていないとのことでした。

どのくらい痛いの?と聞くと、

このくらい。

いやいや、このくらいと言われても....

少し様子をみましたが、びっこを引くくらい痛い様子。




びっこを引くくらい痛いと言えば、以前こんなことがありました。

旦那が家で足首を痛めたと言い、痛そうな顔をし、びっこをひいていました。

しばらくしてふと旦那を見ると、え?嘘でしょ?さっきと違う足をびっこひいてるじゃん....

痛めたのは本当らしいけれど、大袈裟に見せて心配されたかったのでしょうね。


次女も旦那の子。

しかし、整形外科に連れて行きました。

診断結果は、鵞足炎。

そして、痛み止めと、湿布が処方されました。

翌日、痛み止めを飲ませて学校に行かせました。

給食後にも飲みました。

放課後、私が仕事から帰宅すると、次女が私に気がつき、

おかーさーん!

と猛ダッシュで走って向かってきました。

え?痛くないの?

と聞くと、痛くないと。



痛み止めを飲んでいるので痛みを感じなくなっていたのです。

これが、子供には痛み止めを飲ませない方がいいのではないかと思った瞬間でした。

炎症を抑えるために飲んでいる薬のせいで、痛みを感じなくなった子供は普通に動いてしまう。

そしてより悪化させてしまう。

本来体が痛みを感じるのは、体が危険信号を出し、休ませるためです。

痛いと感じると動かさないように気をつけることが出来ます。

薬が効いていることを大人は理解できても、子供は、痛くないんだから大丈夫!と動いてしまうでしょう。


中学一年生になって

体育の跳び箱で怪我をしました。

先生が、ハンドスプリングができる子はやっていいと言ったそうで、習ったこともやった事もないのに、できる!と思った次女は挑戦したそうです。

つい先日配られた体力測定の結果は、学年女子1位!!

これは挑戦する気になっても仕方ありません。



跳び箱に両手をつき一回転して足から着地しなければいけないのですが、お尻から着地してしまいとても痛かったのに、もう一度挑戦し、同じことになったそうです。

先生が補助できず、教えるわけでもないのに、なぜやらせるのでしょうか?

しかも、翌日には林間学校がありました。

どのくらい痛いの?と聞くと、

このくらい。

一年前と同じ答えが...

万が一を考えて、整形外科に連れて行きました。

骨には異常なく腰の捻挫とのことで、痛み止めと湿布が処方されました。



今回も痛み止めを飲ませるべきか迷いましたが、翌日の林間学校のことを考えて飲ませました。

飲んでも痛みはありましたが、登山をする気満々でした。

医者に、一週間は運動禁止と言われたことを学校の先生に伝えたため、登山はやらせてもらえず、滝を見に行く事も許されなかったそうです。

学校で怪我をさせてしまったことについての謝罪はありませんでした。

せっかくの林間学校、半分しか楽しむことが出来ず、可哀想でした。

まとめ

痛み止めを飲んで登山をして悪化したとしても、参加したかった娘。

こんな時は痛み止めが役に立つと思います。

今回は参加させてもらえなかったけれど、どうしても出たい試合がある場合や、出なければいけない場合。

しかし、普段の生活を送る程度ならなるべく飲ませない方が、次女には合っているのかなと思いました。

f:id:monaka-life:20190914231655p:plain

反抗期は突然に その時母親は... 後編

とても大切に育ててきた娘が反抗期を迎えた事、本当ならば、喜ぶべきなのかもしれません。

しかし、親にとっても一人目の反抗期は初めての体験であり、自分にはそのような経験がなかったために余計に分からない事だらけでした。

自分の意見をどんどんぶつけてくる方がまだ楽だろう。

何も教えてもらえず、答えてもらえず、苦しむ姿を見ることしか出来なかった。

それでも私は娘の力になりたかった。



私は、何も答えてくれなければ何もしてあげられないと怒るばかり。

子供は、誰の助けも必要としていないから無言を突き通すのか、それとも、親に心配かけさせたくないからなのか?

学校でのストレスを発散させる場所だったのか?

誰にも相談せず、親にも言えないなんて、私はそんなに頼りないのか?情けない。



この子とは、一生元のようには戻れないかも知れない。

と思っていたが、全くそんなことはなかった。

私を睨みつけ、口を開かず、笑顔がなく、いつも一人の世界に閉じこもっていた娘が、だんだんと視線が合い、少しずつ話しかけてくるようになり、笑顔が見え始めた。

そして、私の横に座り、触れ合うようになっていったのです。

関係が崩れたまま大人になり、家を出ていってしまうと言うことはありませんでした。


長女が反抗期の間の、次女と私の関わり方

長女が反抗期に入り、家の中はガラッと変わってしまいました。

今まで子供達二人で母親を取り合っていたのが、次女が独占できるようになったのです。

次女と二人で出かけた場所は、たくさんあります。

焼肉屋さん、温泉、ショッピングモール、それから、新築の確認などいろいろな所に行きました。

次女はとても嬉しそうでした。そして、私も次女に救われていました。

もしも子供達二人が一気に反抗期になってしまっていたら、とても耐えられなかったと思います。

長女を見て、次女はこんなことを言っていました。

お姉ちゃんはお母さんにひどい態度とか言い方してる。私は絶対にそんな風にはならない!

そんな風になるだろうと思いながらも、私は嬉しかったです。


現在の家族

反抗期が収まり、長女はまた元のように私に接してくれるようになりました。

すると、次女は、今までずっと話してなかったのに、お母さんはお姉ちゃんとばかり!とヤキモチです。

家族4人揃って旅行にも、美味しいものを食べにも行けるようになりました。

そして次女が今年中学生になり、反抗期に片足を踏み入れ始めています。

休みの日、友達と遊ぶからといないことが増え、イライラしている日が増えてきました。

二人目の反抗期、少しは余裕を持って接することができそうですが、どうでしょう?

次女は長女とは違って、色々とぶつかってきそうです。

子育ては体力、気力ともにとても必要です。

子供が成人するまで、もう少し頑張らなければ!!

f:id:monaka-life:20190909205448j:plain

反抗期は突然に その時母親は... 中編

長女が言った。

部活やめてもいい?

長女は軟式テニス部に所属していた。

二年生になってすぐのことだった。

一年生の間は、一日も休みたくないと言い、家族で旅行に行くことも出来なかったくらい熱心だった。

小学6年生の終盤の6ヶ月間だけ、硬式テニススクールに通った経験があり、硬式から軟式に変更するのはそう難しくはなかった様子だった。

そんな長女がやめたいと言うなんて...


私は退部届けに判を押した。


同じテニス部の大親友が、不登校になっていた。

それでも長女は頑張って部活に参加していた。

しかし、いろいろなことが耐えきれなくなっていた。


長女は幼い頃から嫌なことがあっても、私に相談してくれることはなかった。

幼稚園生の時でさえ。

誰にも相談できずに、ストレスを溜め込んでしまう。

私が気付いてあげられなかったこと、沢山あるのではないかな?

テニス部をやめしばらくはすっきりした様子だったが、すぐに学校を休みがちになり、とうとう不登校になってしまった。

原因は一つではない。

親にも先生にもはっきりした原因を話そうとはしなかった。


長女が学校のカウンセリングを受け始めた。

そして先生から、私にも受けるように勧められた。

最初は何故私まで?と思い、気が進まなかったが、先生と電話で話す私はいつも泣いていた。

結局、私も受けるようになった。


カウンセリングでは、次から次へと言葉が出てきた。

結局私も誰かに聞いて欲しかったのかもしれない。

  • 自分が生まれ育った環境
  • 次女が生まれた時から長女は、私を取られまいと次女をいじめ続けたこと、そこで、次女を守ろうと長女に厳しくしてしまったこと
  • 褒めすぎて育てたこと
  • 長女は今までずっとなんでも出来て、よくお手本になっていたこと
  • 長女は挫折を経験したことがなかったということ
  • 旦那の、子供との関わり方
  • 夫婦の関係
  • 長女に暴言を吐いてしまうこと
  • 長女に、手を出してしまうこと
  • 手を出さないために、自分からも長女と距離を置いていること


色々なことを打ち明けた。

長女がカウンセラーに何を話しているのかは分からない。

一つ聞いたのは、長女が、お母さんが嫌だと言っていると言うことだった。


私は自分なりに考えた。

何が嫌なのだろう?


話しかけられたくないと言う長女を完全に無視していることか?

休日、誘ったとしても一緒に出かけない長女を、全く誘うことなく3人で出かけてしまうことか?


きっと全部だろう。

でも、どうすれば一番いいかなんて分からない。

私は、もう一生長女とは元のように戻れないだろうと感じていた。

反抗期が終わり、何事もなかったかのように、お母さん!と呼ばれたら、私はどうするのだろう?

この子を今までのように可愛いと思える日が来るのか?

全く分からない。

お母さんが嫌だ。

それは、私も同じだった。

長女が嫌だ。

自分も嫌だ。

旦那の長女に対する態度も嫌だ。

次女の前でこんなところを全て目せるしかない状況も嫌だ。

楽しかった生活が、台無しになったことが嫌だ。

私はたくさん泣いた。

泣いてストレスを発散した。

しかし、長女はストレスを発散できなかった。

そして、良くない方法でストレスを発散するようになっていった。

私は全然気がついてあげることが出来ず、気がついた時は一年以上経ってしまっていた。

先生たちは知っていたが、長女との約束を果たすために、秘密を守っていたようだ。

それでいいのか?命に関わることになってからでは遅いのではないか?


私は泣きながら長女と話した。

あなたが死んでしまったら私は生きていけないと。

そして、めまいが起きた。

私も限界に近かった。

それでも、元気に暮らしていかなければいけない。

仕事に行き、家事をこなし、子供のことを一番に考える。


不登校のことについて話し合った。

何度も何度も話し合った。

行きたくない理由は今でも分からないまま。絶対に話さない。

長女は勉強が出来る。

学校で授業を聞かなくても、テストの点数は良かった。

学校には半日でもいいからと足を運ばせ、別室で自習をするようになった。

塾にも通わせた。

高校には行きたいと言う気持ちが強かったため、勉強を頑張ることが出来た。


だんだんと長女から私に話しかけてくる回数が増えていった。

反抗期は一年も続かないうちにいつの間にか終わっていた。


あれ?そういえば、反抗期は終わったの?

終わったんじゃない?

二人は笑った。

続く

f:id:monaka-life:20190908170216j:plain

反抗期は突然に その時母親は... 前編

長女が中学一年生の冬、、学校でのスキー合宿があった。

合宿で必要な新しい服などを色々と買い、一緒に準備した。

スキー合宿には、私の新しく購入したばかりのウエアーを持って行く。

毎晩のように私の布団に遊びにきたり、べったりとくっついてきたり、妹と私を取り合ったりしていた。


合宿から帰宅後、反抗期が始まった。

帰ってきたら別人になっていた。

と言っても過言ではないほど、家族への態度が一変していた。

旅行の話は一切してくれず、とても機嫌が悪い様子。

今までべったりとくっついていたのが嘘のように、触らないで、と言い、話しかけるなという態度がにじみ出ている。


私は何が起きたのか、とても理解できなかった。

旅行で何かあったわけではないという。

その日から、長女は私と会話をしたがらなくなった。

毎日不機嫌な顔で睨みつけられ、返事も返ってこない。

行ってきます、頂きます、ご馳走様でしたの挨拶はしろ!!

というと、とても小さな声で言うようにはなった。


小さな頃からとても私を好いてくれていて、私が旦那に泣かされた時には一緒に泣いてくれた。

私の作った料理を、おいしー!!と腕をあげて喜んで食べてくれた。

旦那が冗談で、monakaは退いて、可愛い娘たちだけ写真撮るから。と言った時は、お母さんだって可愛いよ、と旦那に怒って泣いてくれた。

いつでも私を好きでいてくれた。


なのに、こんな仕打ちが待っているなんて....

長女が前に言っていた言葉がある。

反抗期はきた方がいいんだよ!来なかったら逆によくないんだよ!

その通りだと思う。心では解っているつもり。でも辛すぎる。

私は泣いた。

ひどい態度をされることが悲しくて、耐え難かった。

暴言を吐かれるわけでもなく、暴力を振るわれるわけでもない。

それなのに、耐え難かった。私も長女を大好きだったから。

話しかけられたくないの?と言う質問に、うん、と答えた。

もう家族全員で出かけることはなくなった。

私からも話しかけない。

自分では何もできないくせに、そんなに一緒にいるのが嫌なら、施設に行けば!と暴言を吐いた。

そして、親である私が暴力を振るうようになった。

何度聞いても返事をせず、横を向く。

1時間でも2時間でも無言を突き通す。

こっちを向かせようと顔を触ると、手で振り払われる。

ムカついた私はどんどん言葉が汚くなって行く。

頭を思い切り押す。

長女は椅子から落ちそうになる。

いい加減に返事をしろ!と頰を叩く。

長女も泣く。

小学5年生の妹は黙って同じ部屋にいる。

そんな日々が続いた。


ある日長女が私に言った。

部活、やめてもいい?

続く。
f:id:monaka-life:20190907204350j:plain

1歳 ジグソーパズル30ピースを完成できるのか?

長女が1歳の終わりに、フリーマーケットで見つけたアンパンマンのジグソーパズル。

大きくなったら出来るからと、30ピースを購入しました。

ある日、家で私がやって見せたらとても気に入ってしまい、何度もやって欲しいと要求してくるようになってしまいました。

初めのうちはやってあげていましたが、すごく苦痛になってしまい、見えないところに隠しました。

すると、つかまり立ちをしながらしまってある所を指差し、アンパン、アンパンと要求が止まりません。

仕方なく取り出し、私は考えました。

そうだ!一人でできるようになればいいんだ!

1歳児に30ピースパズルを教え込む

1歳児が30ピースを一人でできるようになるのか?

でも、なんだか賢そうだし、教えてみよう!

ということで、教えます。

  • 端からはめていく。
  • 形を見せて、ここだよ!とはめてみせる。
  • 子供ができたらものすごく褒めて喜ぶ、を繰り返す。
  • 端ができるようになったら、真ん中を教える。

このやり方で、なんと一人でできるようになったのです!!


私はこれでやっと、アンパン要求地獄から抜け出すことができました。

長女は毎日何度も一人で一生懸命繰り返していました。

その度にものすごく褒めてあげました。

長女はとても楽しそうでした。

2歳児に60ピースパズルを教え込む

そこで、2歳になると、もう少しレベルの高いものを買ってあげようということで、60ピースのアンパンマンジグソーパズルを購入。

それも、簡単にできるようになりました。

対象年齢以上のものをやらせる

次は球体パズル。

次は100ピース。

というように、どんどんレベルをあげていきました。

常に、対象年齢以上のものを楽しんでいました。

感想

毎日同じことをやらされるのは、本当にキツかった。

絵本も、同じものを何度も繰り返し読んでと要求されて、隠してしまったこともありましたが、無理でした。

絵本を要求してくる娘を見ていると、罪悪感がふつふつと湧いてきて、結局取り出して読んであげていました。

絵本が見つかった時の喜び方を見たら、もう隠せません。

しかし、きつい〜

ジグソーパズルは、1歳でできるようになるなんて思いませんでした。

まだ歩くことも、ちゃんと話すこともできないのに、凄いです。

中学生になってもパズル好きは変わらず、誕生日に2016ピースを買って欲しいと頼まれ、2016年に購入。

私と二人で協力し、出来上がったのは何と、1年後....

埃がすごい....

もうしばらくはやりたくないって思いますが、そろそろまたやりたくなってきている私たちです。


この年齢ではまだできない、無理だと親が決めつけず、何でも挑戦させてあげることが大切だと思います。

しかし、興味のあるものを!

ちなみに次女はあまり興味がなく、同じように小さい頃にやらせてみましたが、ぽいっと投げ捨ててしまったり、口に運んでみたりでした。

20190905100315

我が子がいじめられた時

長女2歳

近所の子供たちが集まって遊んでいて、そこにいたママに話しかけられて一緒に遊んでもらうことになりました。

何度目か参加させていた時の事です。

子供たちをふと見ると、少し大きなお姉さん、お兄さんが、長女を睨みつけ、近寄ってきたら逃げていくなどしていたのです。

その子達のママは話に夢中で気が付いていない様子でした。

私はしばらく様子を見ていました。

どう見ても仲間はずれにしていました。

もうそこには行かなくなりました。

長女はまだ小さかったので、全然わかっていなかったようでしたが、親の私がいたたまれなくなりました。


二人目を妊娠した時、強い子になって欲しいと思い、ちょっと気が強そうな名前をつけました。

すると、赤ちゃんの時からとても強そうな気配。

よその人がベビーカーを覗き込んで、可愛いわねー!と言ってくれているのに、次女は、ぷいっと横を向き、ぎゃーと叫ぶのです。

幼稚園に入園した頃までは背が小さい方でしたが、ぐんぐん伸びて行き、小学校ではいつも後ろの方でした。

声も大きく、体も大きく、性格も積極的、スポーツ万能で男の子みたいな子です。

次女が三年生

いつもクラスメイトのみんなが友達、男女問わず仲良し!だったのですが、三年生になり、そんな次女に目を付ける気の強い女の子Aがいました。

個人面談の時です。

年配女性の担任の先生の第一声は、娘さんは強いです!

でした。

そして、誰とは言いませんが、Aの席に、友達やめると書かれた手紙が置いてあり、その子の母親が傷つき泣きながら電話してきた

というのです。

クラスの女子は、Aと、次女がリーダー的存在で、大きなグループが2個に分かれているとのことでした。

先生は、初めから次女が犯人だと決めつけ、私に伝えていました。

しかし、結局それはAが他の子に先にやったことを仕返しされただけでした。



その後、次女の上履きに画鋲が入れてあったり、上履きが紛失し、ゴミ箱から発見されたり、買ったばかりの筆箱が紛失したり、給食に異物が入れられていたりし

ました。

次女は親に報告をせず、普通に過ごしていたために発覚するのが遅れましたが、怒りを抑えきれなかった私は学校に電話を入れ、まず筆箱を探しに行きました。

すると、前の席の男の子の手提げの中から少し見えていたため、発見できました。

担任は、こんなことが起こっても、犯人探しはしたくないと言ったり、私が電話をし話していても、会議があるからもう切っていいですか?と言ってきたり。

話にならないので、校長に話を聞いてもらいました。

給食の異物事件は、クラスの親が集められ、緊急の説明会が開かれましたが、何もわからないまま終息。



ある日、図工の材料にペットボトルが必要ということを朝思い出した次女は、自分で自動販売機へ買いに行き、なんとか持っていくことができました。

しかし、授業中、なくなってしまったというのです。

担任に連絡しても、クラスの子を犯人扱いしたくない。と言われるだけでした。

犯人扱いしたくないと言っても、クラスで紛失しているという話をすることもダメなのか?

誰かの所に間違って入り込んでいる可能性もあるので、探すように促すこともできないのか?

一生懸命用意した次女は、黙って我慢するしかないのか?


  • 次女は、いじめを受けたことを親にも先生にも話しませんでした。
  • いつもと変わりなく元気に帰宅し、帰宅後は仲の良い子と遊びに出かけていました。
  • 話を聞かれると、泣きました。
  • 嫌がらせをされても、また仲良く元気に遊んでいました。

この担任の先生は、クラスの子どもたちに向かって、ひどい発言をしていた。という事を、他のママから聞きました。

次女からは、一方的に叱りつけ、理由を聞いてくれなかったとも聞きました。

最終的には校長室で私に謝っていたけれど、納得いかない表情でした。

結局この年で先生を辞めたようでした

まとめ

うちの娘達、嫌なことがあっても親になかなか話してくれません。なので、いつも気がつくのが遅くなります。もしかしたら気が付いていないこともあるかもしれ

ません。

次女は天真爛漫、元気一杯の女の子です。思ったことを口に出してしまうため、友達を傷つけてしまうこともあると思います。

毎日楽しそうで、放課後はほぼ毎日遊びに行くような子です。

1、2年生の時の担任の先生に言われたことは、

  1. よく気がつく頼りになるお姉さん
  1. 毎朝元気に挨拶してくれる
  1. 友達の面倒見が良い
  1. いつも笑顔いっぱい

などでした。

私はよく、お友達をいじめちゃダメだよ!と教えていました。

親が知らないだけで、自分の子供がいじめる側になっている場合もあるからです。

学校での娘の様子は確認することができないため、人から聞くことしかできません。

嫌なことがあったら教えてね!と言ってきたのに、教えてくれないのはなぜだろうか?

親を悲しませたくないからでしょうか?

子育ては本当に難しい。

子供が悲しい思いをすることは、自分のことよりもずっと悲しくなる。

話してくれなければ手を貸すことも出来ない。

だから、辛い時は教えて欲しいです。

役に立たないかもしれないけれど。
f:id:monaka-life:20190903184308j:plain

次はスマニュー砲が来たー!

はてなブログの、こんなブログありますの所に載せてもらい、プチバズりを経験した私は、次ははてブ砲、スマニュー砲を期待していました。

この時は、はてなブログの方が沢山見に来てくれ、読者登録も沢山していただきました。

そして、スターが貰えるたびに、お知らせが届き、忙しかったです。


今回、忙しい1日を過ごし、夕方に帰宅してからブログのアクセス解析を覗いてみてびっくり!

読者数は数人しか増えていないし、スターもいつも通りなのに、アクセス数がすごいことになっていました。

98パーセントがスマートニュースからです。

え?プチバズりから10日でもうスマニュー砲?

と思い、自分の記事を探してみましたが探せません。

2時間くらい一生懸命探しましたが、見つからない。

しかし、アクセス数は増え続けているので、まだ載っているはずです。


その日のアクセス数は、820です!

プチバズりの時に441で、すごいなーと思っていましたが、その倍近くです。

そして翌日もまだ増え続けていたため、どうしても自分の記事を探したかった私は探し続けました。

長女を皮膚科に連れて行き、待つこと1時間以上、探しました。

まだありません。

昼食を食べ、自分の整形外科に行く前に探しました。

やっぱりありません。

薬局に行き、銀行に行き、買い物をし、帰宅後、探しました。

ありました!!あったあった私の書いた記事が!!

なんと、思ってもいなかったトップ記事に載っていたのです。

はてな、オピニオンに載っていると思っていたので、まさかのまさかでした。

しかし、トップ記事の割にはアクセス数、少ないです......

二日目のアクセス数は、879、

プチバズり後は多くて90台です。

載せてもらった記事はこちら
monaka-life.hatenablog.com

ブログ開設2ヶ月弱、カスタマイズも、SEOもよくわからない。

proでもなく、超初心者の無料ブログ。

しかしこのことで、いつ載せてもらっても恥ずかしくない、内容の濃いものを作って行きたいという気持ちを強く感じることができました。


次は、はてブ砲!

最近はブックマークも少しずつしていただけるようになったので、楽しみに待ちます!

f:id:monaka-life:20190902174201j:plain