monaka-life’s blog

虚弱体質なママの、子育て波瀾万丈ブログです!

仕事が待機になってからの生活

コロナウィルス蔓延

私の仕事の変化

今年に入り、私の仕事はとても忙しくなりました。

時期によって仕事量が左右されるので、少ない時には契約している量の仕事をやらせてもらえなくなり保証もないため、人がどんどん退職して行きました。

20人以上いたパートさんの数は、最終的に5人になり、回していけないので少し増やして9人になりましたが、一人やめてしまったので、現在は8人です。

今年に入り、固定の仕事ができたのでとても忙しく、人によっては毎日残業以外にも土曜日や祝日も出勤といった状態です。

毎週決められた数をこなせるわけもなく、できなかった分がどんどん溜まるといった悪循環にもかかわらず、人を増やそうとせず、とてもストレスを感じていました。

もう辞めたいと感じるほどでした。

そんな中、コロナウィルスがどんどん蔓延して行きました。しかし、仕事の発注がある以上、家でできるものではないので出勤しなければいけませんでした。

時差出勤になり、電車は満員ではなくなったものの、人との接触は避けられませんし、抑えないで咳をする人もいました。

早く自宅待機をしたいと思っていたところ、4月10日までで待機に入ることができました。

自宅待機に入ってからの心の変化

私が自宅待機になるまでも子供たちは学校が始まらず、ずっと家にいました。

長女は元々通信高校なので自分で勉強を進められますが、中学2年生になった次女は、自分から勉強するタイプではありません。

1年生の11月までの通信教育の教材をほとんど進めておらず、ほぼ毎日携帯をいじっているか、テレビを見て過ごしていたようでした。そのため、私が毎日中学生の勉

強を見ることになりました。すると少しやる気が出たようで、全くやらないからと退会していた通信教育をまたやると言い出したので、再入会。

しかし、学校からの宿題も沢山出るようになったため、毎日やらなければいけないことがとても増えてしまいました。

学校がいつ始まるか全くわからないまま、新学年の勉強もやらなければいけないのは、親も子もとてもストレスです。

初めのうちは、マスク作り、家の掃除、衣替え、野の花つみ、花の植え替え等それなりに楽しく過ごせていたのですが、だんだんと煮詰まってきました。

長女は、今まであった沢山の自分だけの時間がなくなり、ストレスを感じているようです。

次女も、週に一回くらい友達と遊んでいたのですが、全く遊べなくなったことや、勉強の量の多さにストレスを感じているようです。

私も、あんなに嫌だった仕事が懐かしく感じられるほど、毎日暇を持て余しています。

買い物にも自由に行けず、行ったら帰宅後はすぐに買ったものを消毒、自分はお風呂へ直行。

旦那が帰ってきても、まずはお風呂へ直行。

ドアノブを消毒。

最近では、犬の散歩中に人とすれ違う時ですら危機感を感じてしまいます。

宅配された荷物は玄関に置かれ、取り込んだ後は消毒。

触った後は手を洗う。

回覧板、これは、廃止して欲しいです。

目に見えない殺人ウィルスによってもたらされるストレスは計り知れません。
f:id:monaka-life:20200429172204j:plain
摘んできたお花!

f:id:monaka-life:20200429172146j:plain
のびるは、酢味噌あえに!

f:id:monaka-life:20200429172221j:plain
うちで収穫した三つ葉

f:id:monaka-life:20200429172212j:plain
ミニ盆栽の植え替え

マスク問題

なかなか手に入らないマスク、結局会社の先輩に、次回見つけたら買っておきますと言っていたマスクは手に入れることができなかったため、一箱譲ることにしました。

幸い旦那は、会社に出勤する日数分のマスクを会社から支給してもらうことができているので、現在50枚支給されました。とてもありがたいです。

私は、いつなくなるかわからない紙マスクを節約するために、布マスクを作ったり、布で、マスクカバーを作りました。

現在は値段がとても高騰しているうえ、店頭では全く見かけられません。
f:id:monaka-life:20200429172155j:plain

運動

家族で家に閉じこもり生活では、とても運動不足を感じられます。

うちでの運動は、家のまえで子供と縄跳び、犬の散歩、Wiiでスポーツ、ヨガ、筋トレ、カラオケ等。

旦那が買ってきてくれた風船で犬も含めて遊んだり、歌に合わせて踊ったり、バランスボールに乗ったり...

おうちバーベキュー

時々うちの狭い庭でバーベキューをします。

周りには家がないのですが、風が強い日は十分に気をつけなければですね。

f:id:monaka-life:20200429172958j:plain

最後に

自分が生きている間に、こんな出来事が起こるとは想像もしていませんでした。

こんなことはドラマや映画の中の世界での話でした。

ウォーキングデッドを観て怖いねって言っていたけれど、似たような世界になりつつある気がします。ゾンビにはならないけれど、死が身近に感じられます。

私は喘息患者です。母は高齢で高血圧や糖尿病を抱えています。義父は、癌の手術を受けたばかり。

もしも感染したら命の危険が大きく、生きて家族のもとに帰ることができるかどうか分かりません。

感染者数が増え続ける中、子供の学校が始められるわけもなく、私の仕事と共に5月31日まで自粛延期になりました。

旦那の仕事もやっと、ゴールデンウィーク明けから自宅でできるようになりそうです。

それは嬉しいことなのですが、ストレスが増すことは間違い無いでしょう。

家で仕事となれば、あまりうるさくすることもできなくなります。

こんな生活がいつまで続くのか、早く元の世界に戻り、キャンプへ出かけたり、海水浴、旅行、ショッピング、沢山のことを楽しみたいです。

今までがどんなに幸せに暮らせていたかということが、分かった気がします。

平凡な生活こそ、幸せなんですね!