monaka-life’s blog

虚弱体質なママの、子育て波瀾万丈ブログです!

HER2陽性乳がん 分子標的薬

HER2陽性乳がんの分子標的薬

つい数年前までHER2陽性乳がんは、乳がんの中でも予後が一番悪いものでした。分子標的薬のハーセプチンが開発され、その後ハーセプチンでは補えな

い部分を補う役割のパージェタが開発されました。この分子標的薬が使われるようになって劇的に予後が良くなりました。

私はホルモン剤の効かない種類とわかり、トリプルネガティブかHER2陽性乳がんかとなったとき、先生は喜んでHER2陽性だったと知らせてくれまし

た。分子標的薬がよく効くからと。

初めて投与した8月31日、パージェタを終えハーセプチンの途中でインヒュージョンリアクションを起こして中止になり、先生からはもうこの薬は使

えないと言われましたが、この薬だけは使いたく、また、2回目以降は症状出ないことが多いので、もう一度やってほしいとお願いしました。

抗がん剤に合わせて3週間に一度の投与の予定でしたが、今度は抗がん剤、翌日ハーセプチンを投与したときに酷い薬疹が出てしまい、抗がん剤のせいだ

ろうと抗がん剤が中止になりました。なので、ハーセプチンは薬剤量を減らすために毎週で実験的に投与が始まりました。

本来問題なければ外来で30分で終わるところを入院して2時間かけて投与。顔は赤くなるけれどすぐに治り、次回からは外来でとなりました。

初めての外来での点滴。今度は1時間半に時間を短縮して投与。この日も問題なく終了しましたが、翌日顔が真っ赤に熱を持ち、熱が37、4度出まし

た。この日から1週間頭が痒かったり首に発疹が出たりしました。

外来2回目の予定だった今日、この副作用を報告しました。先生はとても慎重な方なのですが、今日も投与されるだろうと思っていました。診察を受け

ると、この薬はもうやめましょうと言われてしまいました。結構痒みを我慢して点滴受けている方いますと言ってみたけれど、アレルギーは怖いからと

結果は変わりませんでした。Twitterでは痒み我慢して続けている方いるんですよね。発疹が出ても続けていたり。

先生は、進行性乳がんではないからというけれど、リンパ節転移ありました。癌の大きくなるスピードもとても早かったです。

経口抗がん剤のS-1を勧められましたが、この薬は再発乳癌に使う薬だと思います。他に点滴でできませんか?と聞いたら、EC療法を勧められ、主人と

相談してくださいと言われたので、この薬やりますと断言し、来週火曜日に入院予定となりました。

経口抗がん剤なら脱毛もなく副作用も比較的少なそうですが、パクリタキセル1回投与しているので既に脱毛は始まっています。そろそろ止まりそうか

なという感じではありましたが...

分子標的薬が使えないなら、昔の予後が悪かった時代の人たちと同じってことです。

ステージ4でも抗がん剤を続けて何年も頑張っている方がいますが、私は抗がん剤使用できるものが少なそう。ECだってアレルギー出て中止になって結

局経口になるかもしれないし、経口でもアレルギーで使えない場合もあります。

こんなに前に進まない人って珍しい。先生も嫌になっているかも。他の点滴でって聞いたら、薬のアレルギー沢山出てますよねって言われてしまった

し。まずは普通の量ではなく少ない量で試してくれるそうです。これもダメなら経口抗がん剤かな...

再発したくない。

苦しんで死にたくない。

頑張りたいのに頑張れない。

会ったことない実の父親がアレルギー体質だったみたいだから、似たんだな。最悪。

泣きながら入院予約。

泣きながら運転し帰宅。

娘の前でも泣いた。

泣いても何にも変わらない。私は癌になってはいけない人。もう...